スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成23年   民法   予備

皆様のご指導お待ちしております。
スポンサーサイト

平成28年  民法  予備

皆様のご指導お待ちしております。

平成25年   民法   予備

皆様のご指導お待ちしております。

平成26年   民法   予備

皆様のご指導お待ちしております。

平成27年  民法   予備試験

Q『Eの持ち分について94条2項類推を書いてる予備校答案がなかったんですけど、なんででしょうか?
そもそも、94条2項類推の場面ではないからなのか、帰責性(B?E?どっちの帰責性を問題にしたらいいんでしょうか)がないのが明らかなので検討する余地がないからなのか。』
分かる方いらっしゃいましたらご指導よろしくお願いします。

平成28年  民法  新司


これムズイ・・・。
今年受けられた方、これだとどれくらいの評価になるかご自身の感覚でいいので教えてくださいm(__)m

平成27年  民法   新司

皆様のご指摘お待ちしております。

平成22年民法   新司


皆様のご指摘お待ちしております。

平成21年   民法   新司

設問3について
法学書院赤松教授の解説
「使用利益の返還をめぐってYに有利なさらに別の法的構成を考えてみると、本問では、AがYに転売予定であることをXが知りつつ、しかもX自らがYへの直接引き渡しにも協力している。だから、Xとしては、Aが代金を完済するまでの間、動産甲の使用権限をYに認める意思を有していた。Xの解除により、XA間の売買契約は無効となるとしても、Yが既に取得した動産甲についての使用権限は、占有も具備しているから、Yがすでに行使した分については、545条1項但書の適用により、解除の影響を受けない。もっとも、解除の効力が生じた後は、Yの使用権限は消滅すると解してよいであろうから、解除の意思表示が効力を生じた以降のYの使用利益は返還ないし賠償しなければならないだろう」
この構成に従って書いたつもりです。
合ってますでしょうか?

平成20年民法  新司   


皆様のご指導お待ちしております。

平成19年民法  新司

みなさんのご指導お待ちしております。

平成18年民法  新司

皆様のご指摘お待ちしております。

平成23年民法  新司

これは全く自信がありません。
是非アドバイスよろしくお願いいたします。

平成24年民法  新司

皆様のご指摘お待ちしております。

平成25年民法   新司

皆様のご指摘お待ちしております。
検索フォーム
他のタカオブログ
QRコード
QR
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。