初スカイプ面接

関東のブティック系事務所とスカイプ面接。

スカイプ面接なんて初めて。35歳にして味わったことのない緊張。

企業法務系の質問をされてタジタジ。何度かハナで笑われてた(TT)


落ちたな・・・。


つぎ、ツギ、次ー(`・ω・´)

就活たのしー!

社会ってサイコー!

ア◯ィーレ

履歴書出そうと思ってたのに・・・。
どうしましょ。

師匠に合格証書見てもらう

師匠「ほんまよく頑張ったな。尊敬するわ。なんでも買ったろ。鞄か?スーツか?」

俺「ありがとうございます。せっかくなら10年20年使い続けれるものがいいです。」

師匠「そうか、じゃあ時計にしよか。俺、普段時計せんねんけど、この機会にお前とお揃いの買うわ。今度一緒に見に行こう。」

俺「オッさん二人がお揃いの時計っておもしろいですねw」

師匠「時計の話題になった時にお前のサクセスストーリーがネタにできていーわw」



前職を紹介してもらった。

お金はその気になればいつでも稼げることを教えてもらった。

仕事に対する厳しさを教えてもらった。

縦の関係が大事であることを教えてもらった。

「もしもの時はお前の子供の塾代ぐらい出したるから好きにやれ。」と言ってもらった。



俺は最高の師匠に出会えてほんと運が良かった。

師匠の法律相談に即答できるようになる。
師匠の年収を超える。

これが次の目標です。

検察説明会

検事「検事はクールな頭と熱いハートが必要です。」

検事「被疑者、被告人に逆恨みされて危険な目にあったことはありません。むしろ感謝されることの方が多いですよ。」

検事「ヒーロー(キムタクのドラマ)はよくできてると思います。みんなで文句言いながらも一生懸命仕事する雰囲気はすごく似ています。」

検事「無罪判決が出て、裁判官が判決理由を読んでいる途中に遺族が法廷から飛び出しました。すぐに追いかけて何が起こってるのか説明しなければならない。それは法律どうのこうのじゃなくて、自分の全人格をかけてすることです。」


リアル検事カッコいー(゚∀゚)

35歳再ベテ合格タカオの任検の扉のこじ開け方教えてください(゚∀゚)

イソかノキか

俺「お金は大事です。」

先輩弁護士「イソ弁で初めから稼ぐのは難しいと思います。タカオさんならノキ弁のほうが稼げると思いますよ。」


ノキ弁か・・・。

全く頭になかった。

アリだな。


今は、色んなところに顔出して、たくさん人の話を聞こう。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
カテゴリ
月別アーカイブ